役に立つオモシロ医学論文

「疲労は死亡リスクを高める」って本当なの?

写真はイメージ(C)日刊ゲンダイ

「疲労回復」という言葉があるように、体の疲れは決して健康的な状態でないことは常識的にも理解しやすいでしょう。しかし、疲労を感じているからといって、それがどの程度体に悪いのかを改めて考える機会は、そう多くないように思います。

「疲労と死亡リスク」の関連を検討した観察研究の論文が、生物医学分野のオープンアクセスジャーナル「BMC Medicine」誌(2016年8月20日付)に掲載されました。

 この研究は英国の大規模コホートデータを用いて40~79歳の男女1万8101人を対象としたものです。被験者に対して疲労に関するアンケート調査を行い、その重症度を4段階に分類。最も疲労の重症度が低いグループを基準に、疲労と死亡リスクの関連を平均で16.6年にわたり検討しました。

 なお、結果に影響を与えうる「年齢」「性別」「婚姻状況」「喫煙状況」「教育水準」「アルコール摂取」などの因子で統計的に調整して解析しています。

1 / 2 ページ

青島周一

2004年城西大学薬学部卒。保険薬局勤務を経て12年9月より中野病院(栃木県栃木市)に勤務。“薬剤師によるEBM(科学的エビデンスに基づく医療)スタイル診療支援”の確立を目指し、その実践記録を自身のブログ「薬剤師の地域医療日誌」などに書き留めている。