愉快な“病人”たち

内藤やす子さんは公演中に脳出血 倒れて数年間の記憶なし

内藤やす子さんは禁煙にも成功(C)日刊ゲンダイ

 倒れたときのことはおろか、その数年前からの記憶もおぼろげなんです。

 幼いころの記憶は鮮明ですが、自分が歌手だった過去もあまり思い出せなくて、私、公演中に倒れたんですってね(笑い)。それからどうして過ごしたのかも数年間は分からない。気づいたのは5年ぐらい前でしょうか。その辺りからやっと記憶がある感じです。

 夫の話によると、倒れたのは2006年、福島でのディナーショーの最中だそうです。救急搬送されて脳出血と診断されましたが、出血量が少なかったのと、危険な状態ではないということで、手術をせず、投薬治療になりました。

 後遺症は、言葉がうまく出てこない失語症、右半身まひ、徘徊などをしてしまう認識障害もあったようです。そして、自分が何者であるかも忘れてしまう記憶障害。でも、どうしてだか夫の顔を見たときには「マイハズバンド」と言ったそうです。不思議ですね(笑い)。

1 / 5 ページ