Dr.中川のみんなで越えるがんの壁

小林麻央はステージ4で手術 狙いは皮膚転移の症状緩和か

左はオフィシャルサイト「KOKORO.」から/(C)日刊ゲンダイ

 ブログで気丈に振る舞う姿が話題を呼んでいます。乳がんで治療中の小林麻央さん(34)は病状が進行しているようで、「ステージ4」であることを告白。「根治が難しい状態」ながら、「5年後も10年後も生きたい」と切なる願いを語っています。奇跡を信じて、手術を受けたようです。

 ネット上では、「ステージ4で手術を受けられるのか」といった疑問の声が上がっていますが、決してゼロではありません。手術は通常、がんをすべて取り除くために行います。がんの根治が目的の根治手術です。その対義語に「姑息手術」があります。がんの切除ではなく、目先の症状を緩和するために腫瘍の一部を取り除く手術です。

 乳がんが進行すると、乳房の外に“顔”を出したり、皮膚表面に炎症のような状態が広がったりすることがあります。この皮膚転移は患者さんにとって、とてもつらい。患部は腫れて熱を持ち痛む上、肌着とこすれると滲出液や膿が出たり、出血したり。そこに細菌などが感染すると、悪臭のもとになるのです。

1 / 3 ページ

中川恵一

1960年生まれ。東大医学部医学科卒業。同院緩和ケア診療部長を兼務。すべてのがんの診断と治療に精通するエキスパート。がん対策推進協議会委員も務めるほか、子供向けのがん教育にも力を入れる。「がんのひみつ」「切らずに治すがん治療」など著書多数。