スマホが医療を変える

「個別化医療」の実現には不可欠

写真はイメージ(C)日刊ゲンダイ

 スマホ医療は、突然始まった感がありますが、そうではありません。1990年代後半のEHR(Electronic Health Record)や、それを受け継いで2000年以降に注目を浴びているPHR(Personal Health Record)の、自然な発展形ととらえることができるのです。

 EHRとは、複数の病院の電子カルテをネットワークで相互につないで、病院間での医療情報を共有する仕組みのことです。その当時、世界中でEBM(根拠に基づく医療)が叫ばれていました。経験主義を脱し、臨床研究の科学的成果を積極的に臨床に取り入れていこうという動きです。EBMを推し進めていくと「医療の標準化」に行きつきます。「同じ病気なら、どの病院でも同じ治療を受けられるべきだ」とする考えです。そのための情報基盤がEHRだったのです。

「英国」「カナダ」「オーストラリア」「韓国」「台湾」などで実用化されています。日本でも一部の自治体や病院グループが、小規模なEHRを運用しています。

1 / 3 ページ

永田宏

筑波大理工学研究科修士課程修了。オリンパス光学工業、KDDI研究所、タケダライフサイエンスリサーチセンター客員研究員、鈴鹿医療科学大学医用工学部教授を歴任。オープンデータを利用して、医療介護政策の分析や、医療資源の分布等に関する研究、国民の消費動向からみた健康と疾病予防の解析などを行っている。「血液型 で分かるなりやすい病気なりにくい病気」など著書多数。