愉快な“病人”たち

夏目亜季さん 「お母さんを呼んで」でよほど悪いと察した

夏目亜季さん(C)日刊ゲンダイ

 子宮頚がんがわかったのは、それとはまったく別なことがきっかけでした。アニメの看板娘としてユニットで全国を回っていた2014年の夏、不正出血が続いていました。でも、「薬のせいでホルモンバランスが狂っているのだろう」としか思っていなくて……。ただ、地元の友達が卵巣の手術をしたと聞いたことで少し心が動き、「じゃ、行ってみるか」と思って子宮の検診を受けに行ったんです。

 検査結果は1週間後と言われたのに、それを待たずに病院から呼び出しがあり、「がんの陽性反応がありました。子宮頚がんになりそうな段階です」と告げられました。すぐに大きな病院を紹介され、別の検査をすると、今度は「お母さんを呼んでください」と言われたんです。いま考えても、それが人生で一番ショックな出来事でしたね。実家が京都だとわかっていてそれを言うということは、よほど悪いに違いないと察しました。

2 / 5 ページ