Dr.中川のみんなで越えるがんの壁

だいたひかるさんは全摘 選択肢増やす医師への質問の仕方

だいたひかるさん(提供写真)

 長年がん治療に携わっている医師として、「どうでもいい」とは言えません。「どうでもいいですよ」を枕ことばにネタを展開するタレントのだいたひかるさん(41)が、先月「女性自身」に乳がんで右乳房を全摘したいきさつを語ったことです。

 ざっと経緯をおさらいしましょう。乳がん検診で乳がんが見つかったのは昨年初め。指摘された部分を自分で触診してもまったく気づかなかったそうですが、エコー検査の結果、しこりは27ミリ。病期はステージⅡaで、リンパ節への転移があるかどうか手術しないと分からないと説明されたそうです。

 私が注目したのは、その後。記事には、こう書かれています。

「部分切除だと3分の1(右乳房を)残せるけどリスクがどうのこうのって。ホルモン受容体陽性ってタイプだからホルモン療法が期待できるとか、お経みたいで……。よくわからないから、聞き方変なんですけど、『(治療法の)オススメはなんですか?』って聞いたんです。そしたら『全摘』って言われました」

1 / 3 ページ

中川恵一

1960年生まれ。東大医学部医学科卒業。同院緩和ケア診療部長を兼務。すべてのがんの診断と治療に精通するエキスパート。がん対策推進協議会委員も務めるほか、子供向けのがん教育にも力を入れる。「がんのひみつ」「切らずに治すがん治療」など著書多数。