愉快な“病人”たち

横森理香さんは「更年期障害」とどう向き合ってきたのか

横森理香さん(C)日刊ゲンダイ

 33歳で大きめの子宮筋腫が見つかって以来、経血量が多い月経過多に苦しんでいました。40代後半からは過長月経になり、普通なら1週間前後で終わる生理が1カ月以上続いたりしていたのです。その上、更年期を迎えて「口角炎」「飛蚊症」「消化不良」「片頭痛」「ホットフラッシュ」「ぎっくり腰」……。若い頃には考えられなかったことが次々に起こりました。もちろん、現在も進行形。現状は5カ月に1回のスローペースで生理がやってくる感じで、「そろそろ閉経かな」という状況です。

「更年期障害」は、「閉経前後5年間の心身の不調」といわれています。その症状は人それぞれで、自覚がないほど軽い人もいれば、日常生活がままならないほどの症状に悩み苦しむ人もいて、年齢にも幅があります。一般には40代後半から50代ですが、30代から始まる人もいるようです。

 私の場合、最初の変化は42歳での中途覚醒でした。いわゆる「不眠」というやつです。ベッドに入っても2~3時間で起きてしまい、そこからもう眠れない。夜だけ皮膚に発疹が出て、かゆくなる異常も表れました。

1 / 5 ページ

関連記事