医者も知らない医学の新常識

コレステロールを下げるとホントに認知症になりやすい?

写真はイメージ(C)日刊ゲンダイ

「コレステロールが高いと心筋梗塞などの病気が増える」。そのことを、ご存じの方も多いことでしょう。そのために、健康診断でコレステロールの異常が指摘されると、その値にもよりますが、お医者さんからコレステロールを下げる薬を飲むように勧められます。

 その一方で「コレステロールを下げすぎると健康に悪い」という意見もあり、「薬でコレステロールを下げることが、新たな病気の原因になる」という説もあります。

 こうした意見にはどれだけの根拠があるのでしょうか? 心臓の病気に対して、「コレステロール低下療法」が良いことは間違いがありません。しかし、実は認知症などの脳の病気に対しては、反対のデータもあります。コレステロールを下げる薬を飲んでいる人が、認知症になりやすいというような報告があるのです。それは事実なのでしょうか? 

「ブリティッシュ・メディカル・ジャーナル」という有名な医学誌に載った論文によると、遺伝子の変異を多数例で解析した結果として、「コレステロールを強力に下げても、認知症などの脳の病気が増えることはなく、むしろアルツハイマー病に対しては、コレステロールを低くすることで予防効果がある」という結果になっていました。

「コレステロールを薬で下げても、認知症が増えることはない」と現時点では考えていいようです。

石原藤樹

信州大学医学部医学会大学院卒。同大学医学部老年内科(内分泌内科)助手を経て、心療内科、小児科研修を経て、1998年より「六号通り診療所」所長を務めた。日本プライマリ・ケア学会会員。日本医師会認定産業医・同認定スポーツ医。糖尿病協会療養指導医。