愉快な“病人”たち

星奈津美さん バセドー病乗り越え知った「練習できる幸せ」

「病気を通して成長できた」と語る星奈津美さん/(C)日刊ゲンダイ

 最初に「バセドー病」と診断されたのは16歳、高校1年のときでした。軽いトレーニングでも苦しかったり、教室のある4階まで階段を上るだけで心臓がバクバクと動悸が激しくなったり……。一番戸惑ったのは、授業で発言するときに手足が震えて言葉が出なくなったことです。

 病院で診察を受けたところ、甲状腺ホルモンが多量に分泌されるバセドー病と診断されました。ショックでしたが、その半面、不調の原因が分かってホッとした部分もありました。母が「水泳は続けられますか?」と先生に尋ねたときは不安でしたが、先生はスポーツに理解があって、「やめなくても大丈夫。少しお休みして薬を飲んで数値が安定すればまた泳げますよ」と言ってくださいました。

 それから2~3カ月で体調が落ち着いてプールに戻ることもでき、そのまま24歳まで投薬治療を続けました。その間、北京、ロンドンとオリンピックも経験できて、体調も安定していたのですが、2014年夏の大会が終わった後、検査に行ったら、先生から「この状態でよくレースに出て、泳いでいましたね」と言われてしまって……。

1 / 5 ページ

関連記事