クスリと正しく付き合う

高血圧治療薬(降圧剤)を中止・減量する4つのステップ

写真はイメージ(C)日刊ゲンダイ

 これまで、高血圧治療薬(降圧剤)についてお話ししてきました。今回はどのようにして降圧剤の減量・中止または最適化を図っていけばよいのかをまとめます。

 最終的に降圧剤を減らすためには、治療を最適化することです。そのためのステップとして、①家庭でも血圧を測って記録する(朝晩2回測定する。血圧手帳に記録するのがベター)②食生活を見直す(減塩)、禁煙、減酒(禁酒ではありません)③運動をする(代謝をあげて発汗を促す)④薬を指示通り飲む――を継続することが大切です。そう簡単でないのはわかりますが、薬を中止・減量するためには、①~④を実践して血圧をきちんとコントロールしなければなりません。

 次に、担当医に「薬をやめたい」「薬の種類を減らしたい」ことを相談し、定期的に上記①~④について伝えましょう。できたことももちろんですが、できなかったこと、たとえば「薬が飲みにくい」といったこともしっかりと伝えるとよいでしょう。

1 / 2 ページ

神崎浩孝

1980年、岡山県生まれ。岡山県立岡山一宮高校、岡山大学薬学部、岡山大学大学院医歯薬学総合研究科卒。米ロサンゼルスの「Cedars-Sinai Medical Center」勤務を経て、2013年に岡山大学病院薬剤部に着任。患者の気持ちに寄り添う医療、根拠に基づく医療の推進に臨床と研究の両面からアプローチしている。

関連記事