Dr.中川のみんなで越えるがんの壁

胃がん乗り越え3軍復帰 カープ赤松選手は体重減少が課題

胃がん手術から3軍に復帰した赤松真人選手(C)日刊ゲンダイ

「励みになる。また一軍でプレーしたい、との思いを強くした」

 広島カープの赤松真人外野手(35)はチームの2連覇について、こう語っていました。実は昨年12月、ステージ3Aの胃がんが見つかり、チームを離れて闘病生活に。手術と抗がん剤治療を終えた今年7月、三軍に復帰し、調整を進めていたそうです。連覇を目の当たりにして、励ましてくれたチームメートに完全復帰する姿を見せ、恩返ししたいという思いもあるのでしょう。

 報道によると、抗がん剤治療後には体重が10キロ以上も低下。筋肉は2割まで減ったそうです。体力と筋力の回復を図り、ランニングや基礎トレーニングを続けながら、技術トレーニングを重ねているといいます。

 胃がんの手術後は、筋肉が衰えて体重が減少しやすい。これが問題なのです。赤松選手は、自分の本業に復帰するためのトレーニングですが、一般の方も胃がんの手術後は、体重減少を食い止めて、衰えた筋肉を取り戻すことはとても大切なのです。

1 / 3 ページ

中川恵一

1960年生まれ。東大医学部医学科卒業。同院緩和ケア診療部長を兼務。すべてのがんの診断と治療に精通するエキスパート。がん対策推進協議会委員も務めるほか、子供向けのがん教育にも力を入れる。「がんのひみつ」「切らずに治すがん治療」など著書多数。

関連記事