数字が語る医療の真実

人体実験のよるかっけの実証は慶応でなければできなかった

 ここに、ようやく日本においてかっけの原因がビタミンB1欠乏だということが明らかにされました。

 この実験は、反東大の雰囲気のあった慶応だからこそできた実験だったともいえるでしょう。

 圧倒的な証拠を示したにもかかわらず海軍にあって無視され続けた高木兼寛、東大にあって委員を罷免された都築甚之助。皮肉なもので、それに比べれば貧弱なデータしか出せなかった島薗順次郎の臨床試験、効果があることが確信できなければ行えないような大森憲太の人体実験に至り、ようやく世の中は動いていくのです。

2 / 2 ページ

名郷直樹

「武蔵国分寺公園クリニック」院長、「CMECジャーナルクラブ」編集長。自治医大卒。東大薬学部非常勤講師、東大医学教育国際協力研究センター学外客員研究員。臨床研究適正評価教育機構理事。7月末に「検診や治療に疑問を感じている方! 医療の現実、教えますから広めてください!!」(ライフサイエンス出版)を出すなど著書多数。

関連記事