Dr.中川のみんなで越えるがんの壁

全摘なら8時間手術 食道がんで化学放射線療法を選ぶ理由

左から中村勘三郎、小澤征爾、桑田佳祐(C)共同通信社

 島根県の溝口善兵衛知事(71)が、県議会で食道がんであることを公表したそうです。この方は存じ上げませんが、転移もなく手術を急ぐ状況でもない早期なのは何よりでしょう。今回は、食道がんについてです。

 食道がんは、がんの中でも手ごわいがんといえます。食道の周りには、リンパ管が多く、早い時期からリンパ節に転移しやすいのがひとつ。もうひとつは、臓器の周りを覆う漿膜とよばれる“防波堤”がなく、周辺の臓器にも転移しやすいのです。5年前、私の小中高の先輩にあたる歌舞伎役者・中村勘三郎さんの命を奪ったのも食道がんでした。

 転移のしやすさは、データに表れています。全国がんセンター協議会の調査によると、食道がんがステージ1で見つかるのは、全体の24%で、ステージ4で診断されるのも24%。一方、胃がんは62%がステージ1で見つかり、ステージ4は18%にすぎません。

1 / 3 ページ

中川恵一

1960年生まれ。東大医学部医学科卒業。同院緩和ケア診療部長を兼務。すべてのがんの診断と治療に精通するエキスパート。がん対策推進協議会委員も務めるほか、子供向けのがん教育にも力を入れる。「がんのひみつ」「切らずに治すがん治療」など著書多数。

関連記事