気鋭の医師 注目の医療

「認知症カフェ」には専門医が常駐 プログラムも毎回違う

認知症カフェ(左は内田暁彦院長)/(提供写真)

 認知症の進行は止められないが、患者が地域でどう自分らしく生活していけるかが重要。そのためにも認知症カフェを上手に活用してもらいたいという。

▽東京都出身。東京理科大学卒後、2006年旭川医科大学卒。東京慈恵会医科大学病院麻酔科、精神科の医師として初石病院、浅井病院などの勤務を経て、16年に開業。〈所属学会〉日本精神神経学会専門医、日本認知症学会専門医、精神保健指定医など。

4 / 4 ページ

関連記事