天皇の執刀医「心臓病はここまで治せる」

より信頼性の高い大規模データの収集は積極的に進めるべき

天野篤氏(C)日刊ゲンダイ

 心臓疾患に関してもさまざまな研究や調査が行われ、一定の信頼を置けるエビデンスが構築されています。ただ、欧米に比べると、日本はまだ物足りない部分があるのも事実です。

 欧米は、データ集積やエビデンス構築の歴史も長く、対象となる患者数や症例数といった母数も非常に多いといえます。一方、日本は、研究や調査に協力する施設の足並みがなかなか揃わないケースもあるなど、臨床データが集まりづらい状況なのです。

 たとえば、「Japan SCORE」(ジャパンスコア)と呼ばれる成人の心臓血管外科手術におけるリスク解析機能があります。日本成人心臓血管外科手術データベース(JACVSD)に集積されたデータを基に構築されたもので、その患者さんは手術によるリスクがどれくらいあるのかが分かります。

 今では、心臓手術が必要な患者さんに対する事前説明に広く使われていますが、このデータ解析機能が設置されたのは2007年10月でした。それまで、日本では心臓手術の全国規模のリスク調査が行われていなかったため、欧米で用いられている「Euro SCORE」(ユーロスコア)などを代替で使っていたのです。

2 / 4 ページ

天野篤

天野篤

1955年、埼玉県蓮田市生まれ。日本大学医学部卒業後、亀田総合病院(千葉県鴨川市)や新東京病院(千葉県松戸市)などで数多くの手術症例を重ね、02年に現職に就任。これまでに執刀した手術は6500例を超え、98%以上の成功率を収めている。12年2月、東京大学と順天堂大の合同チームで天皇陛下の冠動脈バイパス手術を執刀した。近著に「100年を生きる 心臓との付き合い方」(講談社ビーシー)、「若さは心臓から築く 新型コロナ時代の100年人生の迎え方」(講談社ビーシー)がある。

関連記事