天皇の執刀医「心臓病はここまで治せる」

手術用ガーゼの置き忘れを防ぐ新しい技術が登場

天野篤氏(C)日刊ゲンダイ
目視だけではどうしても限界がある

 手術の際、患者さんの体内にガーゼを置き忘れるミスが年に何度か起こっています。もちろん、医療者側は細心の注意を払い、さまざまな対策を行っていますが、それでも完璧に防ぎ切れていないのが現状です。

 昨年12月には、名古屋大学付属病院が数年前に手術した80代の女性患者に対し、置き忘れたガーゼが骨盤内腫瘍の原因になった可能性が高いとして患者と家族に謝罪し、賠償を行いました。また、ここ数年だけで、千葉、新潟、福岡、和歌山、兵庫など全国各地の病院でガーゼの置き忘れが発覚し、謝罪や賠償が行われています。

 出血量が多くなる胸部や腹部の複雑な手術では、止血して術野を確保するために大量のガーゼが使われます。血液を吸収したガーゼは臓器と見分けがつきにくくなるうえ、臓器同士の間に詰め込んで確認しづらくなる場合もあります。手術では、複数のスタッフが「ガーゼを何枚使い、何枚取り出したか」を必ずチェックしていますが、それでも見逃してしまうケースがあるのです。

1 / 4 ページ

天野篤

1955年、埼玉県蓮田市生まれ。日本大学医学部卒業後、亀田総合病院(千葉県鴨川市)や新東京病院(千葉県松戸市)などで数多くの手術症例を重ね、02年に現職に就任。これまでに執刀した手術は6500例を超え、98%以上の成功率を収めている。12年2月、東京大学と順天堂大の合同チームで天皇陛下の冠動脈バイパス手術を執刀した。

関連記事