Dr.中川のみんなで越えるがんの壁

千葉大病院で発覚 がん情報引き継ぎミスはこうして起きる

小林麻央さん(C)日刊ゲンダイ

 なぜそんな見落としが……。そう思った人は、少なくないでしょう。

 千葉大医学部付属病院はCT画像にがんが写っていたのに、担当医が見落とし、患者9人ががんと診断されなかったと発表。そのうちがんで死亡した2人について、「最初の診断後に治療していれば、死亡しなかった可能性がある」とコメントしたのです。

 報道によると、亡くなったのは60代の女性と70代の男性。女性は2013年6月、腸の病気の経過観察でCT検査を受けたところ、放射線診断医は腎がんの可能性を指摘。その報告書は、担当医に送られたそうですが、十分確認されず、4年後の昨年10月に別の診療科で受けたCT検査で、進行している腎がんが見つかったといいます。

 男性は16年1月のCT検査で肺がんが指摘されたものの、担当医は報告書を見落としたため、翌17年4月に肺がんと診断されたそうです。2人とも治療の遅れで、2カ月後に亡くなっています。いずれも担当医が自分の専門分野のみに注目したことによる見落としで、千葉大病院は、診断の遅れと死亡の因果関係について「あったといわれれば、その通り」と語ったそうです。

1 / 3 ページ

中川恵一

1960年生まれ。東大医学部医学科卒業。同院緩和ケア診療部長を兼務。すべてのがんの診断と治療に精通するエキスパート。がん対策推進協議会委員も務めるほか、子供向けのがん教育にも力を入れる。「がんのひみつ」「切らずに治すがん治療」など著書多数。

関連記事