がんと向き合い生きていく

分子標的薬の登場が慢性骨髄性白血病の治療を劇的に変えた

佐々木常雄氏(C)日刊ゲンダイ

 慢性骨髄性白血病は、薬によるがんの治療法では最も進歩したもののひとつです。あの時、K君は、実はすべてを知っていて、真実を話し合いたかったのではないか? そして、わずかでもアドバイスを求めていたのではないか? 何十年経っても悔やむ気持ちが残っています。私の脳裏のK君は、若いままでほほ笑んでいるのです。

4 / 4 ページ

佐々木常雄

東京都立駒込病院名誉院長。専門はがん化学療法・腫瘍内科学。1945年、山形県天童市生まれ。弘前大学医学部卒。青森県立中央病院から国立がんセンター(当時)を経て、75年から都立駒込病院化学療法科に勤務。08年から12年まで同院長。がん専門医として、2万人以上に抗がん剤治療を行い、2000人以上の最期をみとってきた。日本癌治療学会名誉会員、日本胃癌学会特別会員、癌と化学療法編集顧問などを務める。

関連記事