がん発症の妻にしてあげた10のこと

<6>尾崎豊を歌わない「大ファンの妻が怒り出す」

小宮孝泰さん(C)日刊ゲンダイ

 佳江さんと結婚する前、小宮さんは知人との飲み会の流れで彼女とカラオケスナックに行ったことがあった。

 熱唱したのが、尾崎豊の「I LOVE YOU」だ。

「僕が『I LOVE YOU~』と調子に乗って歌っていたら、彼女が『私の尾崎を汚さないで』とぷりぷりと怒りだしたのです。彼女は尾崎豊(1992年死去)の大ファンで、結婚した時も実家からびっくりしちゃうくらいCDを持ってきた。尾崎は僕がニッポン放送でラジオのパーソナリティーの一員を務めていた頃にたびたびゲストとして登場してくれ、まんざら知らない人でもない。ただ妻にとって尾崎豊は、不慮の死を遂げた後もずっとあの尾崎豊のままでした。ですから結婚後に『十七歳の地図』や『卒業』を私は二度と歌いませんでした」

 そんな佳江さんは「桃太郎侍」をテレビで見るのも好きだったという。

1 / 3 ページ

小宮孝泰

1956年、神奈川県小田原市生まれ。明治大学卒。80年、渡辺正行、ラサール石井と「コント赤信号」でTVデビュー。91年に佳江さんと結婚。2001年、31歳の佳江さんに乳がん発症。12年に永眠。今年9月に、出会いから別れまでの出来事をつづった「猫女房」(秀和システム)を上梓。

関連記事