愉快な“病人”たち

洞口依子さん がん手術から10年後に発症したリンパ浮腫を語る

洞口依子さん(C)日刊ゲンダイ

 2004年、「子宮頚がん」と診断され、8時間に及ぶ手術で子宮と卵巣を全摘し、抗がん剤と放射線の治療を受けました。

 それから10年ぐらいはがんが再発することもなく健康だったのですが、3年ほど前、警戒していた「リンパ浮腫」を発症しました。

 リンパ浮腫は、リンパ節郭清(手術の際、がんの転移が疑わしいリンパ組織を切除すること)の副作用として発症する浮腫です。発症しない人もいれば治療後すぐに発症する人もいるらしく、10年後に発症するケースもある。私はずっと大丈夫だったのですが、そのまさかの10年後に発症。医師とも「とうとう来たのか」と、なんだか笑っちゃいました。

 私の場合は左脚。水風船がたまるみたいにむくみ、リンパ液が上に上がらず、どんどん下にたまってしまうんです。一度発症すると完治は困難だと聞いたので、これ以上悪化させないために、私はリンパ浮腫専門のリハビリに通っています。治療は他に専門のマッサージなどもありますが、美容マッサージとは異なり、専門の医療技術が必要です。施術する技術者に対し、患者数が圧倒的に多いので、予約が取りにくいのも難点です。

1 / 5 ページ

関連記事