生活と健康 数字は語る

寿命に関係?「高齢者ほど耳が大きい」に対する3つの解釈

写真はイメージ

 今から20年ほど前ですが、イギリス医師会雑誌に「高齢者ほど耳が大きい」という研究結果が報告されました。それに反応して、イギリスと同じように調査して、日本人も同様であるという報告をしたことがあります。この結果も前回お話しした「高齢者で炭水化物の摂取割合が高い」という研究と同様にさまざまな解釈をしてみましょう。

 まずひとつの解釈は、「昔の人ほど炭水化物の摂取が多い」というのと同様、「昔の人ほど耳が大きかった」というものです。しかし、これはあまりありそうなことには思われません。もちろんそれは私の見通しに過ぎませんから、本当のところは栄養素の例と同じく仮説のレベルです。

 もうひとつの解釈は、「加齢によって炭水化物の摂取割合が少なくなる」というように、「加齢によって耳が大きくなる」というものです。耳は縦にぶら下がっていますから、重力の影響で耳たぶが徐々に下にぶら下がり、全体の長さが大きくなるというのはいかにもありそうです。

1 / 2 ページ

名郷直樹

「武蔵国分寺公園クリニック」院長、「CMECジャーナルクラブ」編集長。自治医大卒。東大薬学部非常勤講師、東大医学教育国際協力研究センター学外客員研究員。臨床研究適正評価教育機構理事。7月末に「検診や治療に疑問を感じている方! 医療の現実、教えますから広めてください!!」(ライフサイエンス出版)を出すなど著書多数。

関連記事