愉快な“病人”たち

トイレに1日30回…ムッシュ・ピエールさん潰瘍性大腸炎を語る

ムッシュ・ピエールさん(C)日刊ゲンダイ

 発症したのは2012年9月、41歳の時。師匠であるルビー天禄のマジックバーを辞め、1カ月後の10月には自分の店(大阪・北新地「BARMagic Time」)を始めるための準備で忙しくしていた頃でした。

 最初に気付いたのは便に血が混じっているということでした。鮮血ではなく粘血便です。

 すぐに近所の病院にかかったところ、肛門付近を触診されて「外痔核だな」と言われたので、「ああ痔なんだ。お尻に薬を塗って清潔にすればいいんだ」と安心していました。

 ところが、薬を塗っても粘血便は止まらず、下腹部の真ん中あたりにお腹を下した時のキューンとした痛みが出始め、トイレに行く回数がどんどん増えていくのです。外出もままならなくなります。

 これはタダごとじゃないと思い、消化器科を受診して大腸内視鏡検査を受けましたが、これが死ぬほど痛くて気を失いかけました! そして、難病指定の「潰瘍性大腸炎」と診断されたのです。内視鏡に映った私の腸壁は真っ白にただれ、シロウト目にもひどい状態だとわかりました。

1 / 5 ページ

関連記事