手術がダメなら…注射でできる椎間板ヘルニアの新治療とは

悪化すると歩くのも困難になる(C)日刊ゲンダイ

 腰椎椎間板ヘルニアで、飛び出した椎間板ヘルニアが神経を圧迫すると、下肢の痛みやしびれが生じたり、足に力が入りにくくなる。保存療法をやっても痛みやしびれが改善しない場合、「ヘルニコア」という選択肢もある。

 千葉大学医学部付属病院整形外科の古矢丈雄医師によれば、消炎鎮痛剤や筋弛緩薬、ブロック注射、牽引や温熱療法、コルセットなどの保存療法で改善しない場合の一般的な“次の段階”は、手術だ。「切る」手術と内視鏡の手術がある。

「しかし患者さんの中には、手術へ進むのに抵抗がある方もいます。そういった方に提案するような位置付けの治療法が、ヘルニコアです」(古矢医師=以下同)

 ヘルニコアは商品名で、一般名はコンドリアーゼ。ヘルニコアに含まれる酵素には、椎間板ヘルニアの中心にある「髄核」の保水成分を分解する作用がある。ヘルニコアを注射で椎間板中心部に適量注入すると、髄核の保水成分が分解され、椎間板ヘルニアが縮小する。結果、神経への圧迫が弱まり、痛みが和らぐ。

1 / 4 ページ

関連記事