猛暑に気を付けたい病気

【帯状疱疹】皮膚の痛みや水膨れが現れたらすぐ受診すべき

写真はイメージ(C)日刊ゲンダイ

 現在も進行中の世界最大規模の帯状疱疹の疫学調査「宮崎スタディ」がある。1997~2011年の15年間にわたり、宮崎県皮膚科医会に属する皮膚科診療所39施設と総合病院の皮膚科7施設を受診した帯状疱疹の初診患者7万5789人の集計結果によれば、「帯状疱疹は冬に減少し、夏に1・22倍増加」。

 また、香川県小豆島で50歳以上の住民約1万2500人を3年間追跡調査した結果でも、水ぼうそうが少ない7~9月に帯状疱疹が多いという結果だった。

「ただし、2014年から水痘ワクチン(水ぼうそうのワクチン)が小児において定期接種になり、水ぼうそうは減少しています。冬の流行も見られなくなりました。つまり、“冬は帯状疱疹が少なくなる”という状況が変わってきているのです」

 帯状疱疹の症状は、ピリピリする皮膚の痛み、赤い発疹、水膨れなど。体の片側に出て、知覚神経に沿って症状が表れるのも特徴だ。

2 / 3 ページ

関連記事