Dr.中川のみんなで越えるがんの壁

トレエン斉藤はドキッ バレット食道のがん化リスクは125倍

お笑いコンビ「トレンディエンジェル」の斎藤司さん(C)日刊ゲンダイ

 ショックを受ける人が今後、続出するかもしれません。18日放送の医療バラエティー番組で、お笑いコンビ、トレンディエンジェルの斎藤司さん(40)が食道がんのリスクを指摘されて、うなだれたと報じられたといいます。そのリスク因子は、日本で広がるとみられているのです。

 報道によると、斎藤さんは食後の胸やけがひどいそうで、胃カメラ検査を受けたところ、バレット食道という特徴的な異常を指摘されたといいます。バレット食道は、逆流性食道炎と密接な関係があり、その逆流性食道炎が肥満の増加に伴って増えているため、バレット食道に由来する食道がんが増えると予測されるのです。

■毎年1回の内視鏡検査で早期発見

 食道がんには、扁平上皮がんと腺がんの2つのタイプがあり、日本では92%が扁平上皮がんです。腺がんはわずか数%ですが、肥満大国の米国ではそれが逆転。8割が腺がんで、扁平上皮がんは2割にとどまります。

1 / 3 ページ

中川恵一

中川恵一

1960年生まれ。東大医学部医学科卒業。同院緩和ケア診療部長を兼務。すべてのがんの診断と治療に精通するエキスパート。がん対策推進協議会委員も務めるほか、子供向けのがん教育にも力を入れる。「がんのひみつ」「切らずに治すがん治療」など著書多数。

関連記事