医療情報の正しい読み方

「インフルエンザ流行」報道から考える臨床研究の全体像

写真はイメージ(C)日刊ゲンダイ

 巷に流れるさまざまな情報を吟味する際に、まずその情報の背景にある研究のチェックが重要です。さらにはその研究が人間を対象にしたものであるかどうかをチェックし、さらにその研究が人間の細胞や器官の研究でなく、人間全体を取り扱った研究、つまり「臨床研究」かどうかを確かめるのが重要、というのがこれまでのまとめです。

 それでは、今回からはその「臨床研究」について詳しく見ていくことにしましょう。

 例えば、インフルエンザがどれほど流行しているのかを検討した研究を例に考えてみましょう。11月の初めに「今年は例年より1カ月早くインフルエンザの流行が始まった」とのニュースが流れましたが、この背景にあるのも臨床研究です。

 これは定点医療機関という受診した患者の感染症をチェックしている医院や病院からのインフルエンザの報告が、平均1施設1日当たり1人以上になった時点でインフルエンザの流行とするという定義に基づいて、「インフルエンザ流行」というニュースが流れるのです。

1 / 2 ページ

名郷直樹

名郷直樹

「武蔵国分寺公園クリニック」院長、「CMECジャーナルクラブ」編集長。自治医大卒。東大薬学部非常勤講師、東大医学教育国際協力研究センター学外客員研究員。臨床研究適正評価教育機構理事。著書に「検診や治療に疑問を感じている方! 医療の現実、教えますから広めてください!!」(ライフサイエンス出版)、「逆説の長寿力21ヵ条 ―幸せな最期の迎え方」(さくら舎)ほか。

関連記事