愉快な“病人”たち

気付いたら管を何本もつながれ…国府弘子さん語る急性心筋梗塞

国府弘子さん(C)日刊ゲンダイ
国府弘子さん(ジャズピアニスト・60歳)急性心筋梗塞

 当初は11年前に患った「乳がん」のお話をするはずでした。でも、スケジュールを調整している間に、何と「急性心筋梗塞」で緊急入院という事態が起こったので、幸か不幸か最新の病気のお話ができることになっちゃって(笑い)。

 緊急入院したのは2019年の11月半ば、とある先輩の追悼コンサートの日でした。実はその日、うっかり忘れてしまった衣装を購入するため、リハーサルと本番の間にマネジャーと2人で、ホール近くの駅ビルへ出かけたのです。「少ししんどいな」と思ってベンチに座ると、急に心臓の辺りをギューッとわし掴みされるような痛みに襲われました。痛みは波のように寄せたり引いたりしていたのですが、マネジャーがすぐに救急車を呼んでくれて、アッという間に乗せられたことを覚えています。

 たまたま倒れた現場から救急病院までは徒歩で10分の距離。しかも心臓救急がある総合病院でした。あれよあれよという間にガラガラとストレッチャーに乗せられて手術室へ……。気が付くと服を脱がされ、下の毛を剃られていました。思わず「えー?」となりました。だって痛いのは心臓ですから、「何でこんなことになっているの!?」って(笑い)。

1 / 5 ページ

関連記事