セックスが痛い

痛いからセックスしたくないと言ったら、「浮気する」と彼

写真はイメージ(C)日刊ゲンダイ

 セックスをしないと男が離れる。性に関して比較的オープンな知人女性に自分の性交痛について相談したら、そういう答えが返ってきました。また、別の女性からは「痛いからセックスしたくないと言ったら、それなら俺は浮気すると返された……」という話を聞いたことがあります。

 男性にとっては「本気じゃない。一方的に拒否しないでほしいという気持ちの表れ」かもしれませんね。しかし、言われた側は傷つきます。その一言が、彼女の「セックス完全拒否」または「心を閉ざし仕方なくセックスに応じる」につながるかもしれません。

 しかし、痛くてセックスしたくないというだけで、なぜ浮気や離婚にまで発展するのでしょう。特に夫婦や長い付き合いのカップルで、そういう話をよく聞きます。

 付き合い始めたばかりのカップルだったら、違う展開になるのではないでしょうか? 男性側が「大丈夫だよ、セックスだけがすべてじゃない」「手だてがあるかもしれないから、病院で相談してみよう」などと励ましたり、2人で体位を工夫したり、グッズを活用したり……。なんとか一緒に性生活を楽しめるような解決策を探るのではないかと思います。

1 / 2 ページ

小林ひろみ

メノポーズカウンセラー。NPO法人更年期と加齢のヘルスケア会員。潤滑ゼリーの輸入販売会社経営の傍ら、更年期に多い性交痛などの相談に乗る。

関連記事