日本人で良かった!公的医療保険

米国における乳ガン治療の実際<4>術後のフォローアップ

写真はイメージ(C)日刊ゲンダイ

 米国在住の50代の日本人女性Aさんが乳がんを宣告され、治療に奔走する話の4回目です。合計3回の手術を自分で仕切っていくサバイバルゲームの画面をすべてクリアし、ようやくがんは取り切れました。全摘した乳房の形成術も無事終えました。

 これからは半年に一度、腫瘍専門医(オンコロジスト)といわれるがん専門医を主治医にして、長いフォローアップ期間になります。予防的な抗がん剤投与を受け、再発を監視する定期検査を受け続けていくのです。

 乳がん再発予防によさそうに思われるメトホルミン(古くからある糖尿病薬で、乳がん再発抑制効果があることが話題になっています)などの代替療法もいろいろあり、併用も考えなくもないのですが、昨年までの一連のサバイバルに疲れ、自力であれこれ調べる気力が戻るにはしばらくかかるかも……、とAさんは思います。

 大変な思いをしてきた中でAさんにとって救いだったのは、医師も周囲の医療スタッフもとても陽気で明るく接してくれたことです。

1 / 2 ページ

奥真也

埼玉医科大学総合医療センター客員教授、医師。1962年生まれ。東大医学部卒、英レスター大学経営大学院修了。専門は放射線医学、核医学、医療情報学、医療ビジネス論。仏国立医学研究所留学、東大付属病院22世紀医療センター健診情報学准教授などを経て製薬、医事コンサルティング、医療機器の会社に勤務。

関連記事