進化する糖尿病治療法

糖尿病の3大合併症である「腎症」の考え方が変わってきた

東京慈恵会医科大学の坂本昌也准教授(C)日刊ゲンダイ

 糖尿病の3大合併症は、糖尿病性腎症、糖尿病性網膜症、糖尿病性神経障害です。残念ながら、これらの合併症は一度発症すると治りません。ただし、早く発見し、治療を行えば、進行を遅らせることができます。それができなかった場合、糖尿病性腎症は人工透析を、糖尿病性網膜症は失明を、糖尿病性神経障害は足の壊疽による切断を招きます。人工透析や足切断は生命予後にも悪影響を及ぼします。

 3大合併症の深刻さについては、知っている人が増えてきました。しかし最近、糖尿病性腎症の考え方が変わってきたことについては、ご存じない人が多いのではないでしょうか? 

 これまで考えられてきた糖尿病と腎臓病の関係は、次のようなものです。それは、「血糖値のコントロールが悪い状態が続く→血管がダメージを受ける→腎臓の中の細い血管が毛糸玉のように丸まった『糸球体』が壊れ始め、タンパクの一種であるアルブミンが微量に尿の中に漏れる→糸球体がどんどん壊れ、アルブミンが尿の中に漏れる量が増える」。

1 / 4 ページ

坂本昌也

専門は糖尿病治療と心血管内分泌学。1970年、東京都港区生まれ。東京慈恵会医科大学卒。東京大学、千葉大学で心臓の研究を経て、現在では糖尿病患者の予防医学の観点から臨床・基礎研究を続けている。日本糖尿病学会、日本高血圧学会、日本内分泌学会の専門医・指導医・評議員を務める。

関連記事