コロナ陽性患者が必ず経験する苦痛

新型コロナウイルスの決め手となる治療法は今のところない

特効薬もワクチンもなく、とりあえずつらい症状を緩和する(左は、重症の肺炎患者の治療に使われるECMO〈エクモ〉)/(C)共同通信社

 新型コロナウイルスに感染し「ノドに金串が刺さったような耐え難い痛み」を覚えたと本紙(日刊ゲンダイ)に告白した50代の男性は入院後、抗生剤と痛み止めの点滴をした。

 何しろ新型コロナウイルスにはまだ、特効薬もワクチンもない。それだけに、とりあえずつらい症状を緩和する。この男性の場合は「耐え難い痛み」を和らげる鎮痛剤を投与し、自己免疫力による回復を待ったということだ。

 もうひとりの男性は病院でPCR検査を受けた直後、生理食塩水の点滴で一時的ながら劇的に症状が回復したのは、脱水症状が改善されたからだろう。

 血液から有害なものや不要なものを除去する「血液浄化療法」や、志村けんさんが使った「エクモ」を利用した治療などが功を奏したケースはある。が、エクモにしても、悪化した肺を完全に休ませている間に、患者自身の免疫による回復を待つものだ。

1 / 2 ページ

関連記事