ニューヨークからお届けします。

長引く新型コロナ後遺症…ワクチンで症状が軽減した人4割

レストランの中を通り抜ける人たち(ニューヨーク)/(C)ロイター

 専門家によれば、多くの後遺症は体内に残ったウイルスの粒子で引き起こされているとのこと。理論的には、ワクチンで強化された免疫によってこうした粒子が除去されれば炎症が治まります。もしそうならコロナワクチンは後遺症の治療薬としても使えることになります。

 しかし後遺症の中には、コロナ感染で過剰に反応した免疫システムが原因になって引き起こされているものもあり、この場合はワクチン接種直後は症状が軽減しても、長期的な解決にはならないそうです。

 いずれにせよ後遺症に苦しむ多くの人にとっては朗報として受け止められています。今後、ワクチンがコロナ後遺症にどう影響を与えているのか、さらなる研究も待たれています。

2 / 2 ページ

シェリー めぐみ

シェリー めぐみ

横浜育ち。早稲田大学政経学部卒業後、1991年からニューヨーク在住。

関連記事