Dr.中川 がんサバイバーの知恵

コロナワクチンに続き抗がん剤も不足 供給停止が相次ぐ理由

アブラキサンは点滴で(写真はイメージ)/(C)日刊ゲンダイ

 新型コロナウイルスのワクチン不足と同じような事態が、がんの治療薬でも起こってしまいました。アブラキサンと呼ばれる抗がん剤が、今年10月から一時的に供給停止になることが分かったのです。

 原因は、米国の生産工場で不具合が見つかったこと。モデルナワクチンのケースに近い構図で、問題が解決されるまで供給が止まります。その期間は少なくとも4週間。メーカーは出荷調整に入っていて、在庫が切れる10月中旬から供給停止になるとみられます。

 胃がん、肺がん、乳がん、すい臓がんに使われる薬で、国内の使用者は年間4万人。薬の使用を予定しているがん患者さんへの対応が、問題でしょう。

 実はこれ、別の抗がん剤のパクリタキセルをアレンジしたもので、血管からがん病巣へより移行しやすいのが特徴。ベースはパクリタキセルですから、供給停止の間はこちらに切り替えるのが一つの解決策です。胃がん、肺がん、乳がんはパクリタキセルも承認されていますから、その可能性が高いと思います。

1 / 3 ページ

中川恵一

中川恵一

1960年生まれ。東大医学部医学科卒業。同院緩和ケア診療部長を兼務。すべてのがんの診断と治療に精通するエキスパート。がん対策推進協議会委員も務めるほか、子供向けのがん教育にも力を入れる。「がんのひみつ」「切らずに治すがん治療」など著書多数。

関連記事