コロナ禍で薬の長期処方が増加 高齢者の「ポリファーマシー」には要注意

写真はイメージ

 長引くコロナ禍で、あらためて高齢者の「ポリファーマシー」が懸念されている。複数の薬を服用する多剤併用によって有害事象につながる状態のことで、近年、社会的にも大きな問題になっている。岡山大学病院薬剤部の神崎浩孝氏に聞いた。

 1年以上にわたるコロナ禍によって、なるべく外出を控えて自宅で生活する時間が増え、日常的な運動不足になったり、他者とのコミュニケーションが大幅に減少した人も多い。そうした生活環境の急変によって、高血圧、高血糖、高コレステロールといった生活習慣病のコントロールがおろそかになって状態が悪化するケースが増え、服用する薬の数がさらに増えたり、薬の管理がしっかりできなくなって、健康被害につながる懸念が広がっているのだ。

「厚労省の調査では、65~74歳の15%、75歳以上では26%が7つ以上の薬を処方されていることがわかっています。6種類以上の薬を多剤併用している患者さんは、ほとんどが生活習慣病などの慢性疾患を抱えている高齢者です。慢性疾患の患者さんは、薬を処方してもらうために定期的に通院しているという場合がほとんどなので、コロナ禍で受診控えする人が多くなり、薬の長期処方が増えているというデータがあります。本来なら、担当医の診断の下、1カ月に1回ペースで処方されていたような薬を、いっぺんに3カ月分もらうといったケースが増えたのです。そんな状況がポリファーマシーのさらなる深刻化につながるのではないかと指摘されています」

1 / 4 ページ

関連記事