Dr.中川 がんサバイバーの知恵

三ツ矢雄二さんは前立腺がんで手術を選択 3つの指標で「治療せず」も

三ツ矢雄二さん(C)日刊ゲンダイ

 健康な前立腺は、尿道を囲むクルミほどの小さな器官です。しかし、肥大するとオシッコが出にくかったり、トイレが近くなったりして、中高年男性には厄介な悩みの種になります。

 そこにできる腫瘍が前立腺がんで、声優の三ツ矢雄二さん(67)は前立腺がんであることを公表。今月中に手術を受ける可能性もあるそうです。

 それを調べるための検査がPSA検査で、採血で簡単に分かります。人間ドックなどの検査項目に含まれていることも多く、中高年にはおなじみかもしれません。4.0ナノグラム/ミリリットルは前立腺がんの可能性があるため、無症状で見つかることも増えています。

「早期にがんが見つかったら、切っておこう」

 多くのがんで、この考え方は王道です。しかし例外もあります。その可能性を考える必要があるのが、前立腺がんと前回紹介した甲状腺がんなのです。

1 / 3 ページ

中川恵一

中川恵一

1960年生まれ。東大医学部医学科卒業。同院緩和ケア診療部長を兼務。すべてのがんの診断と治療に精通するエキスパート。がん対策推進協議会委員も務めるほか、子供向けのがん教育にも力を入れる。「がんのひみつ」「切らずに治すがん治療」など著書多数。

関連記事