Dr.中川 がんサバイバーの知恵

石原慎太郎さんはすい臓がん再発で…根治にはとにかく手術を

石原慎太郎さん(C)日刊ゲンダイ

 安らかな最期だったそうです。

 1日に亡くなった石原慎太郎さんは、直前まで執筆活動を続け、その日は眠るように息を引き取ったといいます。享年89。苦しまずに済んだのは、何よりだと思います。

 石原さんは2年前、すい臓がんであることを公表。夜間頻尿でかかりつけ医を受診し、腎臓のエコー検査を受けた時に、がんが見つかったそうです。その時、ステージ1。それで選択したのが、重粒子線治療だと週刊誌のインタビューに語っています。

 すい臓は、X線をはじめとする従来の放射線が効きにくい細胞である一方、それを取り囲む消化管などの組織は放射線の影響を受けやすく、従来の放射線では十分な治療効果が得られませんでした。

 その困難を克服したのが重粒子線です。放射線の影響を受けやすい周りの組織を避けながら、放射線が効きにくい細胞にも高い殺細胞効果が示されています。

1 / 3 ページ

中川恵一

中川恵一

1960年生まれ。東大医学部医学科卒業。同院緩和ケア診療部長を兼務。すべてのがんの診断と治療に精通するエキスパート。がん対策推進協議会委員も務めるほか、子供向けのがん教育にも力を入れる。「がんのひみつ」「切らずに治すがん治療」など著書多数。

関連記事