ニューヨークからお届けします。

経口投与に代わる試み HIV治療は「レーザー投薬」が最先端

 現在は経口投与されているHIV治療薬を、もっと効果的に体内の必要な場所に投薬するために「レーザーを使う」という最先端の試みが発表され、話題になっています。この方法がHIV治癒の決め手になるかもしれないからです。

 TEDカンファレンス(あらゆるジャンルの第一線のスピーカーが参加する世界規模の講演会)の最新のビデオ配信によれば、この研究を行っているのは南アフリカのレーザー・サイエンティストとして知られるペーシェンス・ムタンジさん。

 薬の経口摂取は現在のところ最も簡便で効果的な方法ですが、胃腸など内臓を経由している間に希釈されます。特に、血液中のHIVウイルスを減らし、CD4細胞を増やす働きがある抗HIV薬は、経口投与の際の強い副作用以上に、HIVウイルスが隠れている体内のリザーバー(貯蓄部位)に届くまでに、大幅に希釈されてしまうという問題があります。

 リザーバーはリンパ節、神経系、肺などにあり、抗HIV薬を投与している間はウイルスは眠っていますが、投与を中止すると再び新たな血液中の細胞に感染する可能性があるといわれています。

 そこでペーシェンスさんが考案したのは、歯科治療などで使われているレーザーを利用し、ウイルスのリザーバーに直接抗HIV薬を投与する方法。HIVに感染した細胞にレーザーで小さい穴を開け、穴が閉じるまでの一瞬に薬を注入するというアイデアは、今はまだペトリ皿上の実験段階です。しかし、「もし将来実用化されれば、HIVの完全な治癒も夢ではない」とペーシェンスさんは語っています。

▽シェリーめぐみ ジャーナリスト、テレビ・ラジオディレクター。横浜育ち。早稲田大学政経学部卒業後、1991年からニューヨーク在住。

シェリー めぐみ

シェリー めぐみ

横浜育ち。早稲田大学政経学部卒業後、1991年からニューヨーク在住。