歯の疑問 ずばり解決!

歯茎の黒ずみは「ガムピーリング」で治すことができる

色素沈着した歯茎も治療

【Q】歯茎が黒いのがコンプレックスです 歯医者さんで治せると聞いたのですが…

【A】治すことができます。もともとはピンク色だった歯茎が、なぜ黒くなっていくのか。さまざまな原因がありますが、一番多いのは喫煙です。たばこに含まれるニコチンの影響によってメラニン色素が増え、歯茎に色素沈着が起こりやすくなるのです。同じ理屈で、受動喫煙も影響する可能性があり、親がたばこを吸う場合、子供の歯茎に黒ずみが表れるケースがあります。

 2番目に多いのは「メタルタトゥー」と呼ばれるもので、銀歯などの金属を削ったときに微小な金属片が歯肉の中に入り込み、そこから金属イオンが浸透して歯茎が黒くなることがあります。他にも、口呼吸の人は鼻呼吸の人に比べて歯茎が乾燥しやすく、刺激を受けやすい状態となるので、メラニン色素が増えて色素沈着が起こることがあります。

 歯茎の黒ずみを治すには「ガムピーリング」という方法があります。最近、美容の世界でよく耳にする「ピーリング(peeling)」という言葉は、もともと「剥ぎ取る」という意味で、色素沈着を起こしている歯茎の上皮そのものを剥がすのです。①薬剤(フェノール)を使う②レーザーを用いる③外科的に剥がす――の3つの処置方法がありますが、歯科医院によって勧められる処置方法が変わるかもしれません。

1 / 2 ページ

関連記事