健康医療データの読み方

自宅で亡くなる割合は?

写真はイメージ/(C)日刊ゲンダイ

 日本人の54%が自宅で最期を迎えたい。しかしその希望をかなえているのはわずか12.8%。実に79.6%の人が医療機関で死を迎えています(人口動態調査=2012年)。
 健康長寿ともてはやされている長野県ですら、自宅率は13.2%に過ぎません。住み慣れた我が家で亡くなることがいかに難しいかを、数字が物語っています。

 ところが自宅率には、実は大きな地域差があるのです。都道府県で見てみましょう。

 自宅率が高い地域は東京周辺と関西です。トップが兵庫県(16.6)、次いで東京都(16.4)、奈良県(16.3)、神奈川県(15.4)、滋賀県(同)、大阪府(15.1)、千葉県(14.9)、1つおいて京都府(14.3)の順になっています。

 一方、九州と北海道は軒並み低い数字を示しています。最下位は大分県(8.6)、次いで佐賀県(8.7)、北海道(8.8)、福岡県(8.9)、鹿児島県(9.0)、宮崎県(同)、長崎県(9.1)、熊本県(9.6)の順。

1 / 2 ページ

関連記事

新入生のメガネ率

近視人口を推計する

痩せていく子供たち