健康医療データの読み方

胃瘻手術がなくなる?

 なにかと批判の多い高齢者の胃瘻(いろう)に、さらなる逆風が吹き荒れています。今年4月からの診療報酬改定で、手術費用が大幅に下げられたのです。昨年度までは、胃瘻を1つつくるごとに病院は10万700円を稼ぐことができました。ところが、それが一気に6万700円に減額です。

 なんと4割減!業界では「胃瘻ショック」などといわれています。それでは厳し過ぎるという配慮なのか、「胃瘻造設時嚥下(えんげ)機能加算」という項目が新設されました。胃瘻手術の前に患者の嚥下能力を適切に評価すると、これを加算することができるのです。ただし厚生労働省が定める条件を病院が満たしているかどうかで、金額が異なります。満たしていれば2万5000円、満たしていなければ2万円です。たとえば胃瘻手術を年間50件以上(ただし頭頚部(とうけいぶ)がん患者を除く)行っている病院では、そのうちの35%以上の患者を、1年以内に口から食べられるように回復させなければなりません。胃瘻患者は認知症や脳梗塞が進んで口から食べられない高齢者ばかりです。この条件をクリアできる病院は、ほとんどないのではないかといわれています。そうなると胃瘻1個の値段は6万700円プラス2万円で、8万700円なり。

 実にマイナス2万円!
病院も商売です。新規の胃瘻手術はかなり減るに違いありません。

▽長浜バイオ大学・永田宏教授(医療情報学)

関連記事

胃瘻大国

新入生のメガネ率