健康医療データの読み方

増える腰痛・減る肩こり

/(C)日刊ゲンダイ

 先週は、頭痛持ちがここ数年、大幅に減っている、という話をしました。

 今週は腰痛と肩こりを見てみましょう。これらは、日本人の健康上の悩みのナンバーワンとツーを占めています。読者の中にも大勢いると思います。

 まず腰痛から。国民生活基礎調査によれば、その人数は1301万人(2007年)、1307万人(10年)、1327万人(13年)と、調査のたびに、わずかながら増加しています。男女比はほぼ4対6で、女性のほうが腰痛になりやすい傾向を示しています。

 一方で、肩こりを訴える人は1224・8万人(07年)、1211・9万人(10年)、1179・7万人(13年)と、減少傾向がうかがえます。男女比は3対7で、圧倒的に女性に多い症状です。

 なぜ肩こりが減り、腰痛が増えているのでしょうか。

 実は肩こりは比較的、若い人でもなりやすいのです。実際、20代で約90万人、30代で約150万人が肩こりを訴えています。肩こりのピークは50代。還暦を過ぎると、人生の重荷が減るのか、肩こり人口も減っていきます。

1 / 2 ページ

関連記事

頭痛が激減

総合診療医の育成

専門医改革の行方