健康医療データの読み方

頭痛が激減

(C)日刊ゲンダイ

 今年の夏、2013年度の国民生活基礎調査(厚生労働省)の結果が公表されました。今日はそのなかから、頭痛に関するデータを見てみましょう。

 データによれば、全国で487万6000人が、日常的な頭痛を訴えています。そのうち男性は132万8000人、女性は354万8000人。女性のほうが3倍近くも頭痛になりやすいことが分かります。頭痛薬のテレビCMが、女性をターゲットにしているのもうなずけます。

 ただ頭痛持ちの人数は、年々減少傾向にあります。前回(2010年)に実施された調査では、516万8000人(男性147万9000人、女性368万9000人)でした。さらにその前の2007年の調査では、559万8000人(男性160万7000人、女性399万1000人)。

 つまり07年から13年までの6年間で、頭痛持ちが70万人以上も激減したのです。

1 / 2 ページ

関連記事

総合診療医の育成

専門医改革の行方

専門医制度は3階建て