動脈硬化に勝つ

狭心症治療で長生きはできない 治療不要の声も

写真はイメージ(C)日刊ゲンダイ
可能なのは症状軽減だけ

 狭心症の治療は、薬、カテーテル治療、バイパス手術の3通りがあるが、一般的には、カテーテル治療が最も多く行われている。しかし、伊東春樹医師は次のように指摘する。

「カテーテル治療は急性の心筋梗塞や不安定狭心症には非常に有効ですが、プラークが安定して破れにくい状態の安定狭心症には、症状がなくなる以外には効果がなく、生命予後(長生きできるかどうか)の改善には効果がないことが分かっています」

 しかし、慢性虚血性心疾患でステントを入れた患者の多くはそれを知らず、狭いところを広げると「治った」と思ってしまう。

 最近の英国での調査では、9割の人が「カテーテル治療を受けたので自分は長生きできるようになった」と誤解しており、症状の軽減が唯一の効果だと分かっていたのはわずか1%だった。

 日本でも、現在、慢性虚血性心疾患に行われているカテーテル治療の約3割は「行う必要はない、行うべきではない」といわれている。

1 / 3 ページ