セックスが痛い

「痛い」と言われたらまずやめる 次にどう痛いか聞いてみる

写真はイメージ(C)日刊ゲンダイ

 女性は出産できるほど痛みに強い――。よく言われる話ですが、実際は痛みに強い女性もいれば、弱い女性もいます。男性と同じです。セックスの時の痛みについても同じで、ある男性のセックスに対し、A子さんは大丈夫でも、B子さんは「痛くてダメ」ということはよくあります。もちろん、「そのセックスの仕方なら、大方の女性が痛いと感じるだろうな」というものもありますが……。

 痛みの感じ方は人それぞれ。だから、女性から「痛い」と言われても、ピンとこない場合はあるでしょう。でも、絶対にやめてほしいのは、「セックスの短い時間だから大丈夫だろう」と軽く考え、そのままセックスを続行すること。仮に相手が受け入れてくれても、お互いの関係に溝ができる恐れがあります。

 別の痛みに置き換えて考えてみれば、分かりやすいかもしれません。腰痛で体を動かすのがつらい時、「痛い」と言っているのに、妻から「何言ってんのよ。腰痛なんて大したことないでしょ」なんて返されたら? 腹が立つし、妻の思いやりのなさに悲しくなるかもしれません。

1 / 2 ページ

小林ひろみ

メノポーズカウンセラー。NPO法人更年期と加齢のヘルスケア会員。潤滑ゼリーの輸入販売会社経営の傍ら、更年期に多い性交痛などの相談に乗る。

関連記事