ニューヨークからお届けします。

トランプの集団免疫ほのめかし発言で迷走する新型コロナ対策

スコット・アトラス氏(左)の会見を聞くトランプ大統領(C)ロイター

 先週の時点でコロナ死者が20万人を超えたアメリカでは、対策やワクチン実用化をめぐってトランプ大統領とCDC(米疾病対策センター)やFDA(米食品医薬品局)など政府機関との対立が深刻化。さらに、トランプ氏が「集団免疫」をほのめかす発言をしたことで大きな波紋が広がっています。

 トランプ氏はこれまでも、「コロナウイルスは自然になくなる」などと発言し、自らマスクの着用を避け、支持者集会でもソーシャルディスタンス、マスクの義務化は一切行っていません。加えて9月半ばから「集団免疫」という言葉を使い始め、驚きが広がっているのです。

 集団免疫は、国や地域で免疫を持っている人の割合が上がれば、感染の広がりは止まるという考え方。6~7割がその目安とされていますが、アメリカがワクチンなしで集団免疫を達成するまでには約200万人が死亡する計算になるうえ、「一度できた抗体がどれだけの期間にわたって有効かは分からない」という研究結果もあり、専門家は否定的です。

1 / 2 ページ

シェリー めぐみ

シェリー めぐみ

横浜育ち。早稲田大学政経学部卒業後、1991年からニューヨーク在住。

関連記事