ニューヨークからお届けします。

米国の新型コロナ予防の未来に影を落とすワクチンの政治化

ニューヨークでは日常が戻りつつある

 ニューヨークは6月15日の時点で1度でもワクチンを受けた成人が7割を超えた14番目の州となり、ほとんどの場所でのマスク着用義務やソーシャルディスタンスが解除されました。

 ニューヨークのランドマークのひとつ、エンパイアステートビルでは地上80階の展望台で接種が受けられるようになり、不便な地域に住む人のためにワクチンバスも回っています。懸賞金からフリーチケットまで、あの手この手で接種率を上げようとしている州もあります。

 しかしその一方で、接種がかなり遅れている州もあります。

 特に、ミシシッピ、ルイジアナ、アラバマなど共和党が優勢な南部の州では、1度でも接種した人がまだ5割に達していません。

 カイザー・ファミリー基金の調べによれば、民主党支持者の8割は最低1回の接種を受けているのに、共和党支持者は5割に満たず、27%は今後も受けない方針。民主党でワクチンを受けないとしている人の3%を大きく上回っています。

1 / 2 ページ

シェリー めぐみ

シェリー めぐみ

横浜育ち。早稲田大学政経学部卒業後、1991年からニューヨーク在住。

関連記事