漢方達人をめざせ!

精力ダウンはトシのせいではなかった

 精力をアップさせたいけれど薬を飲むほどではないという方は、生薬をブレンドしたお茶はいかがでしょうか?

 漢方薬は医薬品なので、「どなたにもどうぞ」というわけにはいかないのですが、「漢方茶」は厚生労働省が定める“食品”としての生薬しか使っていないので、日常的に取り入れられます。

 精力剤はそもそも「腎」を強めて活力を取り戻し、体を元気にしようというもの。男性の下半身を強くすることだけが目的ではありません。夫婦ともに健康維持のために飲むことをお勧めします。

 ハトムギ、大棗、鶏血藤、破胡紙、ヨモギ、ショウガ、紅花、当帰の葉をブレンドした漢方茶は、体を温め精力をアップさせます。また、慢性的に疲労を感じているなら、エゾウコギ、南蛮毛、連銭草、杜仲茶、けん実、蓮肉、茴香のブレンド茶を。

 不安や恐怖心が強いと、腎は低下して精力減退や性機能異常に陥りやすくなります。

1 / 2 ページ

久保田佳代

父は乳児院院長、母は薬剤師、長女は歯科医、次女は眼科専門医という医療一家に産まれたが、昨今の臓器医療である西洋医学とは違い、人に向き合い、カラダとココロの両面から治療が行える漢方を志し20余年経つ。昭和薬科大学卒業、老舗漢方薬局を経て、「氣生薬局」開局。サプリメントアドバイザー、漢方茶マイスター、日本プロカウンセリング協会1級など多数資格取得。「不妊症改善における実力薬局100選」に選ばれている。