役に立つオモシロ医学論文

うがいに薬はいらない

(C)日刊ゲンダイ

「風邪予防にうがいは効果がある」といわれていますが、実際はどうなのでしょうか。うがい薬は効果があるのでしょうか。今回はうがいの風邪予防効果を検討した研究をご紹介します。

 この研究は2005年11月にアメリカ予防医学会が発行している医学専門誌に掲載されたものです。18~65歳の健常者387人を3つのグループにランダムに振り分けました。「1日3回水でうがいをするグループ」「1日3回うがい薬(ポピドンヨード)でうがいをするグループ」、そして「これまでの習慣どおりに過ごしてもらうグループ」です。60日間追跡調査を行い、上気道炎(風邪)の発症を比較検討しました。

 その結果、30日間における上気道炎の発生率は、研究参加者1人当たり、これまでの習慣通りに過ごしていたグループで0.26回、水でうがいしていたグループで0.17回、うがい薬を使ったグループで0.24回でした。これまでの習慣通りに過ごした場合と比較して、水でうがいしたグループでは、上気道炎の発症が36%統計的にも有意に少ないことが示されています。しかし、うがい薬でうがいしたグループは11%少ない傾向にありましたが、統計的に明確な差は認められませんでした。

 この論文結果から、成人でのうがいは風邪を予防する可能性がありますが、必ずしもうがい薬でうがいをする必要はなく、水で十分ということがいえそうです。

青島周一

2004年城西大学薬学部卒。保険薬局勤務を経て12年9月より中野病院(栃木県栃木市)に勤務。“薬剤師によるEBM(科学的エビデンスに基づく医療)スタイル診療支援”の確立を目指し、その実践記録を自身のブログ「薬剤師の地域医療日誌」などに書き留めている。