医者も知らない医学の新常識

お腹が鳴る原因は? 周りに聞こえる音は“病気のサイン”かも

写真はイメージ(C)日刊ゲンダイ

「お腹が鳴る音が大きくて恥ずかしい」――。そんな話を、よく外来で耳にすることがあります。

 確かに周りに聞こえるほど、お腹から「グーッ」と音がすることはあります。それが頻繁だと、その本人にとってはかなり深刻な問題と感じられるようです。

 しかし、そもそもお腹はどうして鳴るのでしょうか? 健康でもお腹が鳴るのは、お腹がすいた時です。空腹時に、胃から小腸にかけての筋肉が収縮することで音が鳴ります。これを専門用語で「消化管間欠伝播性収縮」と呼んでいます。

 なぜこうしたことが起こるのかは、完全には解明されていませんが、食事の前に胃腸をきれいにする、一種のお掃除の作用だと考えられています。

 また、消化が悪かったり、胃の働きが悪かったりすると胃にガスがたまり、それを押し出そうとして、胃腸が強く収縮します。これもお腹が大きく鳴る原因になります。要するに、「胃腸が収縮する時」にお腹が鳴るのですが、その音が大きいのは胃腸の働きが悪く、より多くのガスがたまっているからなのです。

1 / 2 ページ

石原藤樹

信州大学医学部医学会大学院卒。同大学医学部老年内科(内分泌内科)助手を経て、心療内科、小児科研修を経て、1998年より「六号通り診療所」所長を務めた。日本プライマリ・ケア学会会員。日本医師会認定産業医・同認定スポーツ医。糖尿病協会療養指導医。