危ない 薬の勘違い

頭痛薬を“月10回以上”飲んでいると頭痛になりやすい体に

(C)日刊ゲンダイ

 薬局では、時に頭痛薬を毎日服用している方に出会います。私も、頭が痛い時は何事にも集中できず、痛み止めが欲しくなります。頭痛薬を毎日飲まないといけないような方は、どんなにしんどいでしょうか。

 しかし、月に10回以上も頭痛薬を服用している方は注意してください。またひどい痛みを経験したくないからと予防的に頭痛薬を服用したり、ちょっとした痛みでもすぐに頭痛薬を飲んだり……。そうした飲み方をしていると、「薬物乱用性頭痛」という頭痛が起きやすい体になってしまうことがあるのです。薬物乱用性頭痛になってしまうと、薬を中止することが大変です。「頭痛が起きるのに、頭痛薬が飲めない状態」を乗り越えなければならなくなります。

 頭痛薬には危険な副作用もあります。胃炎や胃潰瘍だけでなく、腎臓の血流を落として腎障害を引き起こしたり、体内で分解された頭痛薬が肝機能障害を起こすこともあるのです。また、アルコールと一緒に摂取すると毒性が上がりますので、絶対にしてはいけません。

1 / 2 ページ

金田崇文

1979年、東京都生まれ。千葉県立船橋高校を経て岡山大学薬学部を卒業。2004年からこやま薬局(岡山県)に勤務。管理薬剤師を務めながら、各地で薬や健康をテーマにした講演活動を行っている。